ほんわかな毎日。
わんこのこと、いえのこと、かふぇ・ざっかのこと、じぶんやだんなさんのこと、いろいろデス。

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : posted by スポンサードリンク
記念樹

6月神宮での挙式後、披露宴はしないけど、家族だけでの食事会を開きます


食事会であっても、司会者を呼んで披露宴のような式次第で進めるような人もいるみたいだけど、形式や体裁に囚われず、家族の気持ちや好みを踏まえながら、自分たちの身の丈にあって、感謝の気持ちが伝えられるようなものにしたいね、と話していました

STIL0032_ed.jpg

お互いの両親とも、何かしらけじめをつけられれば、形式は私たち二人に任せるよ、とのことなので、その言葉に甘えつつ、でも、期待を裏切らないよう滞りなく進めていこう、となり


その結果、「式の疲れを取りながら、お食事や会話を楽しんでもらおう、感謝の気持ちを伝えよう」というコンセプトのもと・・・(大げさ、笑)


お店も一から自分たちで探し、イタリアンでワイワイ飲み食べをすると言うことに決めたのだった


(ブライダル相談に行くと、提携しているお店しか紹介してくれないし、いかにもー(?)って感じのお店ばかり。その上、いらないプラン(爆)も付いてくる ←これはこれでありがたいけど、なんか私たちが求めているのとは違った・・・・)


んで、やっぱりないと物寂しいケーキは、少人数で食べきれるようなスポンジケーキの上にシュータワーを作ってもらうことにした


それ以外の料理や音楽などの細かい打ち合わせは、全然していないけど(爆)



両親への記念品贈呈についてだけ、密かに計画進行中



記念品ですぐ思いつくのは、花束やブリザードフラワー、
ウェイトベアーのぬいぐるみ・・・・



友人の結婚式で渡しているのを見ると、感動しますが
現実問題、お互いの両親がこれらをもらって喜ぶか?
といわれれば、微妙なところ(笑)


花束も、パァッと華やかで良いと思うんだけどねーー


特にうちの母親は、「花束なんて」と、母の日や誕生日など色んなお祝い事でも「いらない」を公言している(爆)



そこで考えたのが、「記念樹」の贈呈
プラス、日常的に使うものをプレゼントしよっかなーと。

向こうのご両親は、大きな畑と庭をもっていて、農機を使っては色々な植物や食物を育てられているし、うちの両親も狭いながら自分たちの庭でガーデニングを楽しんでいる


花束だと、いずれ枯れちゃって何も残らないけど、
記念樹(苗木)だと育てる楽しみ、花や実がなる楽しみが続き、
その度に私たちのことを思い出してもらえるかな、と

披露宴だとどうしても見栄えも大事になってくるから、
記念樹(苗木)を贈るのは少ないみたいなんだけど

食事会であれば、そこまで考えなくてもいいかな、と



んで、ただいま、どんな樹が良いか悩み中

土地柄や気候、育てやすさはもちろんのこと
樹の寿命を考慮しなくてはいけないし(やっぱり短いと縁起が悪いし、当初の目的である都度都度自分たちのことを思い出してもらうということを果たせない)

花言葉や、記念日となる時期に開花・結実するものを考える人も多いのだそう



・・・・・・・・・・・むずかしい


・・・・・・・・・・・面倒臭い、かも



なんてことを思いつつ、あれやこれや悩んでいる毎日なのでした

記念樹だったらこんなのがいいよ、とか
他の記念品はこんなのがうれしいかも、というのがあったら教えて下さい

つれづれ日記 : comments(3) : trackbacks(0) : posted by ゆうこ
スポンサーサイト
- : - : - : posted by スポンサードリンク
Comment








☆kazzさん☆
そうですねー、毎年美味しい実がなるといいですねーー。
金柑、さくらんぼ・・・・かな。
posted by ゆうこ : 2011/02/24 12:37 PM :
☆kazzさん☆
そうですねー、毎年美味しい実がなるといいですねーー。
金柑、さくらんぼ・・・・かな。
posted by ゆうこ : 2011/02/24 10:13 AM :
6月に花が咲き、秋に実がなる木がいいね。どんな木があるんだろう。被子植物で毎年おいしい実がなると毎年ゆこさん達のことを甘味とともに思い出してもらえるね。
posted by Kazz : 2011/02/23 10:34 PM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://honwaka-waka.jugem.jp/trackback/568
<< NEW : TOP : OLD>>